SEARCH

宿泊施設の定義

宿泊とは自宅以外の場所で泊まることをさして、宿泊施設とは人が泊まるための設備を備えて寝具を提供する施設のことをさします。
このコンテンツでは、宿泊施設の定義について説明していきます。

宿泊施設の定義では旅館業とは、『宿泊料を頂いて人を宿泊させる営業』と定義されているのです。
旅館業は、人を宿泊させることで、生活の本拠を置くような場合つまり、アパート・ウォークリーマンションなどは貸室業・貸家業としての分類で旅館業には含まれないのです。
旅館業には、宿泊設備によって主に4種類(ホテル営業・旅館営業・簡易宿所営業・下宿営業)に分類されています。

スポンサード リンク

ホテル営業

ホテル営業とは、主に洋式の構造・設備をしている施設で、宿泊料を徴収して人を宿泊させる営業のことをさします。

旅館営業

旅館営業とは、主に和式の構造・設備をしている施設で、宿泊料を徴収して人を宿泊させる営業でのことをさします。
旅館営業には、駅前旅館・温泉旅館・観光旅館・割烹旅館・ビジネス旅館が含まれているのです。

簡易宿所営業

簡易宿所営業とは、宿泊する場所を多人数で共用する構造・設備をしている施設で、宿泊料を徴収して人を宿泊させる営業のことをさします。

下宿営業

下宿営業とは、1ヶ月以上の長期間を単位として、宿泊料を徴収して人を宿泊させる営業のことをさします。

スポンサード リンク

宿泊レポート

宿泊施設,ホテル,旅館,基礎知識

温泉,基礎知識

SPONSORED LINK