SEARCH

客室の種類

客室の種類には、大きく分けて2つ(ベットの種類による分類・部屋のグレードによる分類)に分類することが出来るのです。
このコンテンツでは、客室の種類(シングルルーム・ツインルーム・ダブルルーム・トリプルルーム・ファミリールーム・スタンダードルーム・スーペリアルーム・デラックスルーム・エグゼクティブルーム・ジュニアスイートルーム・スイートルーム)について説明していきます。

スポンサード リンク

ベットの種類による分類

ベットの種類による分類には、大きく分けて5つ(シングルルーム・ツインルーム・ダブルルーム・トリプルルーム・ファミリールーム)があげられるのです。

シングルルーム

シングルルームとは、1名様用の客室のことをさします。
シングルルームは、主にビジネス客を主体としたホテルに多い客室タイプで、最近ではシングルサイズのベットではなくて、セミダブルサイズのベットを取り入れているホテルが多いのです。

ツインルーム

ツインルームとは、2名様用の客室のことをさします。
ツインルームでは、2台のベットが設置されていて、カップル・同性同士・親子など最も親しみやすい客室といわれているのです。

ダブルルーム

ダブルルームとは、2名分ほどのベットサイズが1台ある客室のことをさします。
ダブルルームは、カップル・夫婦が利用されるケースが多いといわれていて、高級ホテルでは全体的にダブルルームの比率が多いのです。

トリプルルーム

トリプルルームとは、3名様用の客室のことをさします。
トリプルルームは、3台のベットが設置されていて、家族客・女友達の利用が多い客室といわれているのです。

フォースルーム(ファミリールーム)

フォースルーム(ファミリールーム)とは、4名様用の客室のことをさします。
フォースルーム(ファミリールーム)は、4台のベットが設置されていて、主に家族客が利用する客室といわれているのです。

部屋のグレードによる分類

部屋のグレードによる分類には、大きく分けて6つ(スタンダードルーム・スーペリアルーム・デラックスルーム・エグゼクティブルーム・ジュニアスイートルーム・スイートルーム)があげられるのです。

スポンサード リンク

スタンダードルーム

スタンダードルームとは、一般的なサイズ・設備などを設置されているオーソドックスな客室のことをさします。

スーペリアルーム

スーペリアルームとは、スタンダードルームよりもワンランク上の客室のことをさします。

デラックスルーム

デラックスルームとは、スーペリアルームよりワンランク上の客室のことをさします。

エグゼクティブルーム

エグゼクティブルームとは、デラックスルームよりもランクが上で、通常の客室よりも広い空間で、大きめのベット・ソファなどが設置された高級感ある客室のことをさします。

ジュニアスイートルーム

ジュニアスイートルームとは、基本的にスイートルームのことをさします。
ジュニアスイートルームは、リビングスペースとベッドの間に家具などで仕切りをされている客室のことです。

スイートルーム

スイートルームとは、部屋の広さや家具・内装デザインを豪華に仕上げて、ワンランク上の最上級の客室のことをさします。
スイートルームは、リビングルームとベットルームが独立していて、空間を広く作っている豪華な客室のことです。

宿泊レポート

宿泊施設,ホテル,旅館,基礎知識

温泉,基礎知識

SPONSORED LINK