SEARCH

温泉利用の注意事項&マナー

国内観光旅行の旅行先では、観光名所のほかに食事・温泉が大きな楽しみでもありますよね。
温泉は公共の場ですので、自分だけではなくてみんなが快適に気持ちよく温泉に入浴するためには、温泉利用の注意事項&マナーを守ることが大切になるのです。

このコンテンツでは、温泉利用の注意事項&マナー(飲み物・食べ物を持ち込まないこと、身体を洗った後に浴槽に入ること、入浴中は静かに入ること、浴槽にタオルを入れないこと、入浴前後の食事は控えること)について説明していきます。

スポンサード リンク

注意事項&マナー1. 飲み物・食べ物を持ち込まないこと

温泉利用の注意事項&マナーには、湯船に飲み物・食べ物を持ち込まないことがあげられます。

注意事項&マナー2. 身体を洗った後に浴槽に入ること

温泉利用の注意事項&マナーには、身体を洗った後に浴槽に入ることがあげられるのです。
温泉は公共の場なので、衛生面・温泉の鮮度を維持するためには、身体を洗ってから湯船に浸かることが大切なのです。
健康上の問題で、身体を洗わずに入る場合は、かけ湯をしてから湯船に浸かるようにして下さいね。

注意事項&マナー3. 入浴中は静かに入ること

温泉利用の注意事項&マナーには、温泉に入浴している最中は一般的に周りの迷惑にならないように静かに浸かることがあげられるのです。

注意事項&マナー4. 浴槽にタオルを入れないこと

温泉利用の注意事項&マナーには、浴槽にタオルを入れないことがあげられます。
これは衛生上好ましくない行為とされていて、保険所から指導を受けている注意事項といわれているのです。
テレビでレポーターがタオルを身体に巻いて温泉に浸かっている光景を見たことがあると思いますが、これはあくまで撮影における便宜上で本来はマナー違反であることを理解しておいて下さいね。
タオルだけではなくて、基本的には水着着用も禁止されています。(看板に水着着用が可能であると記載されている場合は除きます。)

注意事項&マナー5. 入浴前後の食事は控えること

温泉利用の注意事項&マナーには、温泉に入浴する前・温泉に入浴した後の食事の摂取は控えることがあげられるのです。

スポンサード リンク

宿泊レポート

宿泊施設,ホテル,旅館,基礎知識

温泉,基礎知識

SPONSORED LINK